明確化されてきているカードローンの審査内容

カードローンを初めて申し込む人にとって、審査という言葉はちょっと敷居が高く思えるもの。「審査なんて…なにをするのかな?」と不安な気持ちを受ける人の方が多いのではないでしょうか。とはいえ、昔よりかはだいぶ浸透してきているので、そこまで強い不安を感じることもないでしょう。なんてったって、カードローンの利用者は年々増加しており、それに伴ってさまざまな会社が参入、サービスを展開しているのですから。

 

とはいえ、審査については基準が明確に記載されているわけではないので、何を調べられるのか…それが不安の元に。特にアルバイトやパートといった、収入が決して安定しているわけではない人からしてみれば、審査に対して過度に不安な気持ちになり、申し込みをためらってしまうのも致し方ない事。

 

ただ、最近は審査の基準が大体明確化してきています。ある程度の傾向は見えてきているのです。インターネットの情報サイトでもよくリサーチされていますし、過去に融資に関して申し込みをしたことがある人からしてみれば、大体の内容が予測できるものとなってきているのです。基本的なチェック項目に、各会社の独自の審査基準が加わると考えていいです。


審査がある理由

審査をおこなう根本的な理由は、「貸したら返してもらう事ができるだろうか?」を調べるもの。お金を貸す際に、良く知っている人であれば返済してくれるかしてくれないかを、これまでの付き合いの中から計ることができます。ですが、一金融機関がまったく知らない人に貸すとなるとそうもいきません。金融会社も、貸したお金をきちんと返してくれる人でないと貸したくはないのです。無駄なリスクをわざわざ背負うようなことはしません。

 

では、金融機関は何をもって判断するのかというと、「安定した収入があるかどうか?」「勤続年数はどれくらいか?」「社会的な信用なあるか?」の3つを大きな柱としています。つまり、審査項目も、これに沿ったものとなります。

 

正社員で長く勤続していて、これまでお金のトラブルなどがない…となると、金融会社も信頼して貸してくれる確率が高くなります。ただ、正規社員ではないアルバイトやパートの人は、勤続年数やこれまでの毎月の収入が注目される事に…。ですから、勤続年数が短い人は、審査を通るのも厳しいものとなります。

 

勤続年数が長いという事は、これまで真面目に働いてきたということ。問題ある人はすぐに辞めてしまいますから、金融会社としても、返済に関してもきちんと滞りなく守ってくれるだろうと判断するわけです。逆に短いと、貸す側としても不安。少しでも不安要素が感じられると、返済能力がないとみられてしまうことにもなり、審査に通るのが難しくなります。また、他社からの借り入れもあると、それも審査に大きく影響するものとなります。


銀行と消費者金融で違うカードローン

カードローンには、大きく分けて銀行と消費者金融と2種類あります。いろんな部分で違っており、審査でも厳しさが違います。厳しいのは銀行で、比較的緩くて柔軟な対応をしてくれるのは消費者金融…といった感じです。ただ、審査が緩いといっても基準はそれぞれ違いますから、基準を満たすことが大事。

 

いくつかの金融機関に申込をするにしても、結果を待たずに一度にたくさんの申し込みをしてしまうと不利になるので注意が必要です。最悪、ブラックリストとなることもあるのですから、できるだけ期間を開けてからにするといいです。

 

ちなみに、金融機関というのは、横の繋がりがとても強いもの。ライバル企業であっても顧客情報については共有しているので、お金の貸し借りや滞納、審査に落ちたなどのマイナス情報も、たとえ他社の事であっても筒抜け状態。申込状態においても把握されているので、一度審査に落ちたからといって焦って次から次へと申し込んでしまうとマイナスになってしまうのです。


心配な人は、事前にお試し審査を

一番、審査に通るかどうか心配なのが、勤続年数の短いアルバイトです。でも、実はアルバイトを始めたばかりの人でも、カードローンを組むことは可能。見込み年収といった、そのアルバイトを続けていれば十分に返済可能だろうといった収入であれば、アルバイトでもカードローンの審査を通過することは可能なのです。借りられる金額については、週5日働いて20万〜30万だとしたら、最大で50万といった金額は借りられるものとなります。

 

カードローンの審査基準をもっとはっきりと知りたい…と思っている人には、お試し審査といった便利なコンテンツがおすすめです。本審査をする前におこなうもので、簡単な項目の入力で、審査に通るかどうかがわかります。しかも、本審査の記録は信用情報として残ってしまいますが、お試し審査は記録されません。ですから、複数の銀行や消費者金融でお試し審査を受けても問題なし。時間もかからず、すぐに結果がわかります。審査に通るかどうか…不安が大きい人は、まずはお試し審査で通るかどうかを調べてみるといいです。本審査を受けるうえでの結果が少しは明確になります。


更新履歴