借入限度額は最初は誰でも低い

カードローンの借入限度額は、消費者金融か銀行かで変わります。消費者金融会社では、貸金業法の総量規制という法律にひっかかるため、年収の3分の1までしか貸すことはできません。それを意識した上限設定がされます。これは、初めての人だけでなく何回も借り入れをしていてそれなりの経験がある人も同じ。利用歴が長いからといって、年収の3分の1を超える上限金利設定になることはないのです。銀行は総量規制にひっかからないので年収に関係なく設定できるとはいえ、いきなり高い上限金利を設定することは、まだ信用度が低い事からも難しくなっています。

 

借入限度額を上げる方法として一番手っ取り早いのは、年収を増やすこと、活用して信用を増やす事しかありません。収入が良いだけではだめですから、申込当初は限度額も低くなってしまうのは致し方ありません。一般的には、初めての利用時は10万円ほどが上限に設定されることが多いです。

 

初めてのカードローン申し込み時には、年収の多寡についてはあまり見られません。返済実績がないので信用度がわからず、高収入だろうが一般的な収入だろうが、あまり変わり映えのない金額が設定されるものとなります。ちなみに、住宅ローンの破綻率が高いといわれているのが年収900万円前後。高収入に分類されるはずなのに破綻しやすいといわれている理由は、必ずしも年収の高さが返済率の高さに比例しているとは限らないからです。お金を貸すリスクというのは、年収が高い低いに限らずリスクがあるのです。


簡易診断システムで事前に限度額を予想

初めてのカードローン申込で、実際のところは限度額はいくらに設定されるのか…簡易的に調べる方法があります。それは、オフィシャルサイトなどに設置されている簡易診断システム。ほとんどのカードローン会社では、簡易診断システムを設置して事前にある程度の金額がわかるようにしています。

 

調べるには、必須項目を記入する必要があり、生年月日やボーナスを含む年収、他社からの借り入れ件数や金額、家族構成、勤続年数、現在の住いの居住年数などです。ちなみに、勤務し始めて1年未満の場合は、見込年収を記入します。この簡易診断システムで問題ないと判断されれば、申込をして審査に通る確率は高くなります。

 

初めて融資の事前審査と本審査を依頼する際には、虚偽の情報にならないように、正確に記する必要があります。事前審査であっても、うっかり違った情報を記入してしまうと、本審査はまず受けれません。虚偽として捉えられやすい事としては、年収を多めにしたり借入状況を軽くする、勤続年数を長めに書く…といったもの。借入情報については、金融機関ではなく別の機関から調達するので、ここが違ったりすると信用度も一気に落ちます。

 

初めてのカードローンの申し込みでは、一般的に10万円ぐらいからが多数を占めますが、返済実績を積むことで借入限度額は増額されます。借入状況などにもよりますが、新規の申し込みから半年ほどたつと、限度額が増えるのは少なくありません。毎月遅れずに返済をしていることはもちろんですが、繰り上げ返済をして早めに返済を終わらせようと努めていると、信用度も高くなります。ちなみに、借入限度額を増額してもらう際には、金額によっては所得証明書が必要になる事もあります。


関連ページ

カードローンとクレジットカードの違い
カードローンと似たような機能をもつものにクレジットカードがあります。 異なる特徴を理解しておかないと、トラブルを起こす事もあります。