カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードは、ショッピング枠の有無の違いがあります。クレジットカードにはショッピング枠というのがあり、買い物に使う事ができますが、カードローンにはついてないので買い物に利用することはできません。ただ、現金を引き出すことは可能。クレジットカードは買い物にしか使えないのかというと、キャッシング機能が付いているかいないかで変わります。キャッシング機能が付いていればカードローンのように現金を引き出すことはできますが、その金額は少ないものとなっています。返済については、クレジットカードでは翌月一括払いが原則ですが、カードローンは一定額の返済のみ。しかも、返済方法についてはいくつかの方法を用意しており、利用者にあった負担の少ない方法を選ぶことができます。

 

気になる金利ですが、カードローンは4%〜18%となっていますが、クレジットカードは原則18%とその幅がありません。返済日についても、クレジットカードの方が期間は長くなりやすく金利も高くなりがちです。分割払いやリボ払いを選択すると、返済日まで金利が発生し、繰り上げ返済や早めの返済をしなければ、どんどん膨らんでいってしまうといったリスクがあるのです。逆にカードローンでは繰り上げ返済がしやすく、日割りで金利が発生するものの、即日返済や無利息期間といったサービスが充実しているので、うまく活用することができれば金利0円にすることも可能なのです。

 

特に無利息期間は得なサービス。一定期間にかかる金利を無料にしてくれるので、その期間内に完済してしまえば、借りたお金だけの返済で済みます。無利息サービスは一定の条件を付けていることがほとんどで、ほとんどが初めて利用する人限定。あるいは、期間は短いけど何度でも利用できるといった形をとっていたりします。クレジットカードではこうしたサービスはなく基本的に金利がかかってしまうのですから、すぐに返済できるのであれば、カードローンの方が得となります。


クレジットカードの優れているところ

カードローンの方がメリットがたくさんあるように見えますが、実はクレジットカードにも優れているところはたくさんあります。クレジットカードの場合では、指定日に一括返済となりますが、翌月に一括返済する場合は金利がかかりません。一括で払う事が出来れば、約1ヵ月間は金利が掛からないものとなりますので、無利息期間が設定されていない場合はお得となります。また、クレジットカードで分割する場合、支払回数を選んだり、リボ払いで支払う事も可能。分割支払いが2回までであれば、金利が発生しないケースも多いので、一括払いが厳しいなら2回払いに押さえておくといいです。

 

昔はカードローンとクレジットカードには、明確な違いがありました。ですが、最近はそうした違いが曖昧になってきています。両者が同じような働きを持つようになってきたのです。とはいえ、クレジットカードとカードローンには、年会費という大きな違いが残っています。クレジットカードにかかる年会費は決して安くなく、一定の金額での利用があれば無料としているところもありますが、気を付けないと毎年、年会費といったお金を取られることになるのです。


関連ページ

はじめてのカードローン
ドキドキのカードローン。 はじめての申し込みで気になる限度額について。